めざそう税理士

税理士への道

特別な仕事のように思われがちな
税理士ですが、
受験資格には年齢も国籍も問いません。
ここでは、税理士になるために必要な3つのステップを紹介します。

受験資格

受験資格はどれか1つ!

学識

●大学または短大を卒業する
●62単位以上を取得して、大学3年次以上
●一定の条件を満たす専修学校の専門課程を修了する

以上3つは、法律学か経済学の1科目以上の履修が条件

●司法試験か、●公認会計士試験の短答式試験に合格する

or
資格

●日商簿記検定1級か、
●全経簿記検定上級に合格する

or
職歴

次のどれかに2年以上従事する
●法人や個人事業主の会計事務
●銀行・信託会社・保険会社等での、資金の貸付・運用事務
●税理士・弁護士・公認会計士等の業務の補助事務

受験資格はこれ以外にもあります。
詳しくはホームページで!

or
税理士試験

目指すは5科目合格!

会計学ジャンル2科目+税法ジャンル3科目=
計5科目の合格が必要です。
とは言っても、一度合格した科目は再受験不要。
一度にすべて受験する必要はなく、
1科目ずつのチャレンジでもOKです!

会計学ジャンル科目2科目すべて合格(選択の余地なし)

●簿記論 ●財務諸表論

税法ジャンル科目選択した3科目で合格

●所得税法 ●法人税法 ●消費税法または酒税法
●住民税または事業税 ●相続税法 ●国税徴収法
●固定資産税
(ただし、所得税法か法人税法のどちらか1科目は必ず選択)

or
実務経験

2年以上の実務経験を積もう!

税理士資格には、通算2年以上の実務経験
(税理士試験合格前でも可)が必要です。
条件を満たして申請が承認され、
税理士名簿に登録されると
税理士業務を行うことができます。

実務経験の内容

●会計に関する事務
(たとえば、税理士事務所や会社の経理セクションで)
●租税に関する事務
(たとえば、税務署など税に関する役所などで)

※実務経験に該当するかは、申請に対する税理士会の調査で個別に判断されます。
Page Top